給排水配管

(2015年11月22日)

こんにちは、リフォームの萩原です。

今回は、当社で水道配管などに使っている配管材のご紹介です。

下の写真は、実際のリフォーム現場での写真です。この現場は、

2階建てのアパートで2階の配管を1階の天井裏で配管をしている

写真です。

f0309537_9491296.jpg

f0309537_9502916.jpg

注目は、まず排水管でありますが、こちらは「 オトナイン 」という

配管材です。構成としては、通常の塩ビパイプの周りにゴム材を巻き、

その外側に塩ビのカバーをしている単純な構造ですが、これが結構

階下への音の不快感を消すことに役に立ちます。もちろん音がゼロに

なるということではありませんが、かなり効果があります。

アパートのみならず、一般住宅、2世帯住宅など用途は幅広いところです。

 また、一緒に写っている赤と青の配管は、今度は給湯、給水管であります。

こちらはヘッダー配管と申しまして、床下、天井裏にそれぞれ分配器のような

ヘッダーを置き、そこから必要な場所に配管をしていくものであります。

将来の配管の交換、点検などが容易に出来る品物です。配管の自由度も

かなり高いものです。

あまり気に留められない配管材に、も気を使いたいものです。

横須賀・横浜・湘南のリフォームは
見積もり無料の ウスイホーム へお気軽に

関連記事

戸建リフォームの最新記事

  • カテゴリー別

  • アーカイブ