新島

(2015年07月17日)

こんには。
今回は島の建物のご紹介です。

伊豆諸島の中でもひときわ海の色が綺麗に見える海岸があります。
新島です。
はじめて行くと気づく方もいるとは思いますが建物の壁や塀がブロック積みの家をよく見かけます。
それは新島で採掘できる抗火石(コーガ石)という真白な石や岩を加工したブロックです。
それを切り取り明治30年から40年にかけて家の塀や外壁に使われる様になった様です。
また昭和30年くらいになると戸建の在来工法の浴室の断熱保温材にも使われる様になったみたいですよ。
今ではユニットバスが普及し新島でしかみかけないのではと感じます。
ちなみに渋谷のモヤイ象も新島の石ですよ。
その白い石が砕け新島ではとてもきれいな白い海岸となっています。
海の色と砂浜が白いガラス質な石な為、海水も青々しています。
なんだかそんな歴史を知ると感慨深いですね。

f0309537_228979.png

f0309537_2284057.png

f0309537_229993.png

在来の浴室交換はウスイホームで!!

はげした

関連記事

リフォームスタッフブログの最新記事

  • カテゴリー別

  • アーカイブ